東アジア型ピロリ菌は怖い?

東アジア型のピロリ菌は怖い?

週刊新潮でホリエモンが言っていたんですが、

 

胃がんの原因になるピロリ菌のうち、特に東アジア型は強力なのだそうです。

 

日本は、先進国の中でもピロリ菌の感染者が多いんですね。50歳以上だと7割が感染しているとか。

 

東アジア型ピロリ菌は怖い?

東アジア型のピロリ菌

ピロリ菌に感染すると…

 

胃炎

食道に近い部分に炎症が広がる

胃の粘膜が萎縮

胃もたれ、吐き気、嘔吐、食欲不振

胃がん

 

東アジア型ピロリ菌は怖い?

 

喫煙や飲酒の習慣があると、特に胃がん確率が高まるようですね。

 

東アジア型ピロリ菌の特徴は、

 

  • 病原性が強い
  • 十二指腸潰瘍や胃がんとの関連が強い

 

という特徴があるんですね。

 

欧米型ピロリ菌とはタイプが違うので、胃がんには発展しにくいようです。

 

「ピロリ菌は特に怖くない」と言っている医者もいますが、その人は「欧米型」のことを言っているのかも知れません…。

 

日常生活でピロリ菌対策

もしも身近なもので対処するとしたら、ヨーグルトの中にも、ピロリ菌の活動抑制をするものを摂るとよいでしょうね。

 

参考)明治プロビオヨーグルトLG21の効果は?

page top